個性をオリジナルポリ袋で発信!

個性をオリジナルポリ袋で発信! オリジナルで印刷したポリ袋は、そのデザインと使用方法で大きな個性を発揮します。
個性に発揮しにくい場所での差別化を図るためにオリジナルデザインのポリ袋を販促物としての利用すると有効です。
プロ・アマ問わずに同時に同じ場所で競争をする場にフリーマーケットがあります。平たく言えば全てがリサイクル品であり目利きの差しかない個性の低い場所です。
そのため販売者は商品の価格を下げる事に一番目を置きがちですが、それでは利益がどんどん目減りします。それを解消するのが販促物です。
最も扱いやすいのが商品を入れる手さげ袋です。
自分の品揃えに合ったデザインのオリジナルの手さげ袋があれば雑多な商品を一つのブランドへまとめ上げることが出来ます。
これがバザー・フリーマーケットを古道具屋へとイメージアップさせます。そのため販促物の費用を商品に乗せてもブランド力で十分に販売が可能になります。
消費者はよりイメージの良いものへ興味を示し購買意欲を高めます。

同人イベントでオリジナルポリ袋

同人イベントでオリジナルポリ袋 オリジナルのグッズや同人誌の作成や販売だけでは、物足りなさを感じてきたらオリジナルのポリ袋もおすすめです。
購入してもらったグッズや同人誌をショップのようにポリ袋に入れて渡すことができます。無地のタイプでも良いですが、オリジナルのポリ袋ならよりイベントを楽しめるでしょう。
作成した袋を単体でグッズとして売ることも、もちろんできます。
購入してもらった同人誌と用意したペーパーなどをまとめて渡す際にも、便利です。他のブースで購入した商品を一緒に入れることもできるので、お客さんとしても便利に使うことができます。
オリジナルポリ袋の利点は、便利さだけではありません。購入したグッズをお客さんが持ち歩くと、宣伝効果にも繋がります。
目を惹くデザインであれば、見た人がサークルのブースに来てくれるかもしれません。
商品をそのまま渡す場合は、お客さんが持っていた袋に入るか重ねて手持ちになってしまいます。自分の作品をより多くの人に見てもらいたい方に、袋の作成はおすすめです。