オリジナル印刷ポリ袋はこんな用途が!

オリジナルポリ袋の用途 最近ではハンドメイド作品の手作り市など、ハンドメイド品の直売イベントが全国で多数行われています。そんな中で、お客様に喜んでいただけるかどうかの一つのポイントがラッピングです。しかし、個人で出店していると中々ラッピングに時間が割けません。そこで注目なのがオリジナル印刷されたポリ袋をラッピング用途に使用する方法です。
ポリ袋に作品の写真やお店のロゴ、オリジナルイラストを印刷します。これならば簡単なラッピングの後にポリ袋へ作品を入れるだけで十分。お客様は手作り市に特別な何かを期待します。買った作品以外に自分のお気に入りのお店のデザインの袋に入れて貰えれば特別感は確実に増します。
ただのラッピングではなく、ノベルティとしての役目、そして非売品であると言う特別感は作品にさらに付加価値を付けてくれます。そして意外にお客様は手ぶらでいらっしゃる方が多いのも事実です。他のお店で買った作品の入れ場所に困っている方も多いはずです。
手作り市は作品の魅力だけでなくこういった袋への魅力で大きく売り上げが変化します。コストパフォーマンスの面からもポリ袋はお勧めの素材です。

イベントの資料配布にオリジナルポリ袋

イベントの資料配布にオリジナルポリ袋 イベント時に配布される資料はかさばるものやまとまりに欠けるものも多く、来場者が持ち歩くのも不便です。また、せっかく時間と費用をかけて作った資料がその日の天候により、濡れてしまうのも残念です。そのため、資料配布の時にポリ袋に入れることによって、前出のストレスもなくなります。
ポリ袋は資料配布の際に、パンフレットやフライヤー、サンプル用の小さな商品を入れることにも適しています。透明のものにすると中身に何が入っているか一目でわかりますので、販促効果も期待できます。
ポリ袋にマークやキャラクター、企業名やイベント名を入れることで、来場者の印象に残るような宣伝効果も期待できます。ポリ袋にはいろいろなマチ幅のものや素材のものがあります。イベントの形式によって手提げ袋タイプや買物袋タイプなど、用途に合わせて考えてみましょう。
別注品など、完全にオリジナルのものを考えられる場合、注文数が多いほど単価は安くなりますので、イベントの規模や今後の見通しと合わせて検討するとよいでしょう。